「ワックス・毛抜き」はカミソリ以上に肌ダメージが大きいらしい・・・

無駄毛の処理方法にはいくつかの種類があり、その定番とも言えるのがカミソリの使用です。必要な道具は場合によっては1000円以下でも簡単に揃えられて、すぐに始められるというつよみがあります。

ただ処理できるのはあくまでも肌の外側に出ている部分だけなので、数日するとまた伸びてくるようになります。 そんな弱点をカバーするためには、毛を根元から抜いてしまうのが有効的です。

そして毛抜きも痛みこそ伴いますが、簡単に始められる点はカミソリに劣りません。また蜂蜜や砂糖を材料にした素材に毛を絡ませて、一気に引き抜くというブラジリアンワックスという選択肢もあります。

いずれも一度抜いてしまえば同じ毛穴から新しく生えてくるまでの時間があるので、全てを処理できればきれいな状態を維持しやすいのが強みです。 ただそのように根元から抜くタイプの処理方法は、肌にダメージを与えるリスクがある点に気を付けなければなりません。

まずは肌にとっての大きな刺激となり、そこから炎症などに繋がる恐れがあります。毛抜きで1本だけ抜いても相当な痛みを感じることから、ダメージを与えているということは分かるはずです。そして毛が抜かれた直後は毛穴が開いていて、肌が非常に無防備な状態です。

そこに雑菌が入り込むと、毛嚢炎というニキビに似たような見た目になることもあります。 ブラジリアンワックスなどは専門的なサロンもあるので、そこだと施術内容がしっかりしていたりアフターケアが行われることで、そのようなリスクを下げられるかもしれません。しかしセルフで行うのであれば、範囲にもよりますがどこかにトラブルが発生する可能性は高いです。

もちろんカミソリの使用もやり方を間違えれば毛と一緒に皮膚の一部も削り取ってしまって、炎症や埋没毛に繋がる恐れはあります。ただやり過ぎを防いだり毛の流れに従うなどの工夫をすれば、根元から抜く方法よりもダメージを抑えられるかもしれません。スルル口コミ