スマートな食習慣に変えるだけで健康になる

生活習慣病は食習慣が原因とも言われています。
糖尿病や高血圧などの診断を受けたら、まず食習慣の見直しをすすめられますよね。
でも、食糧療法法と言えば味気ない入院中に出される病院食のような食事ばかりです。
そんな食事ではいくら身体によいと言われても長続きなんてしません。

生活習慣病の知識がある程度ある方なら
高血圧と高血糖
では気を付けるポイントも違うんじょでは?
と考えるかもしれません。
たしかに「血圧の高い人」には塩分
「高血糖の方」には炭水化物
それらを重点的に気を付けなければいけません。
しあし
・高血圧
・高血糖
・脂質異常
のいわゆる三大生活習慣病はどれも連携連動していることが多いのです。
血圧が高い人は得てして太っていることも多く中性脂肪も高くなりがち
血糖値が上がれば血圧にも大きな影響を与えます。

大事なことは
「食習慣を全体的にコントロールする」
ことなんです。

■ 我慢しすぎず長続きさせるコツ

食習慣の改善で重要なのは
「何を食べるか?」
だけではありません。
「どう食べるか?」
「いつ食べるか?」
「誰と食べるか?」
「どんな食器で食べるか?」
などなど、さまざまな【習慣】も含まれてきます。
食習慣をスマートに変える
それは次のことです。
・誰と食べるか?
・どんな食器で食べるか?
そんなことまで関係あるの?
そう考える方も多いと思います。
食習慣の改善で大事なことは「長く続けられるかどうか?」です。
生活習慣病、血管病はじわじわと長い年月と時間をかけてあなたを蝕んでいきます。
そうであればその対策もじわじわとゆっくりと効果をあげるために長い年月と時間をかけていかないといけないのです。
たった1~2か月程度で劇的な効果を期待するのは無理な話なのです。

長く続けるコツは
「我慢をしすぎない」
ことです。
不思議なことに慣れると健康的な食生活ほど気持ちのいいものです。
それまで大好物だった脂っこい「揚げ物」「甘いケーキなどのお菓子」があまり食べたくなくなるのです。
これ、本当なんです。
いあままで
「オイシイ!」と感じていたものが
「以前ほど美味しさを感じない?」
そんな嬉しい変化が現れるのですから不思議です。
相続手続き 代行 愛知

疲れたら「甘い物」ではなく「甘酸っぱい物」が良い

疲れたら「甘い物」を食べると良い
そうよく言われています。
確かに疲れて時には
チョコレート
クッキー
ケーキ
など甘いお菓子を食べると疲れが吹き飛ぶ気持ちにもなりますよね。
でも疲れたら
ーつい甘いお菓子に手が伸びるー
そんな習慣は今すぐきっぱりとやめましょう。

甘い味、つまり糖分はすごく吸収が早く、疲労回復には即効性があります。
糖分は頭の脳の栄養として行き渡ると頭がすっきりとさえわたります。
頭がシャキっとすっきりするとなんとなく疲れが吹き飛んだ気分になるだけなのです。
みなさん、そんな経験から
「疲れた時には甘いお菓子が効く」
と誤解してしまうのです。
ただ糖質は重要なエネルギー源であり血糖値の維持など人間が生きていくうえで欠かせない栄養素です。
人間は生まれつきそのことを本能で知っており、甘い味は安全で好きな味だと刷り込まれた「甘い味は本能的に好きな味」なのでし。
相続 税理士 頼まない

■甘い物では本当に疲れは解消しない

甘い物と食べても2~3時間後にはもと通りの疲れた体に戻ってはいませんか?
忙しく働いているのに
キチンと運動をしてカロリーを消費しているのに?
なぜか太ってしまっていませんか?

疲れた時に甘いお菓子なんかを食べても糖分は2~3時間程度で消化されてしまい、脳がエネルギー切れを起こしてまた再び疲れを感じるようになるのです。
するとまた甘い物を食べたくなる衝動が来て、悪循環になります。

■ 疲れた時はビタミンB1を含む食品が効果的
疲れを解消するには糖分をエネルギーに変える必要がありあmす。
これには糖分をエネルギーに変えるビタミンB1が必要です。ビタミンB1は老廃物を身体の外に出す働きもあるため、「元気の素」ともいえる栄養素なんです。

甘いお菓子を食べて糖分がたくさん摂取できても、それをに見合うビタミンB1を体内に十分に持ちあwせている方は意外と少ないのです。
ビタミンB1が不足してエネルギーになれなかった糖分はよp文和カロリーとして体内に脂肪として蓄積されます。

■おすすめはクエン酸など酸っぱい物
とはいえビタミンB1をとるのは難しいです。
そこでおすすめなのがクエン酸などの酸っぱいものです。
例えば柑橘系のフルーツなどの果物や果汁です。
同じお菓子やケーキでも、オレンジやグレープフルーツなどを使ったものもたくさんあります。

疲れたら甘酸っぱい物を食べる
これがおすすめです。