体力低下を避ける

この記事は、
・体力低下を避けたい
・健康でいたい
・健康になって元気でいたい人
・運動を頑張りたい人
におすすめできる記事です。
皆さん、こんにちは、
今回の記事では、体力低下を避けるための知識について紹介します。
あなたは体力の低下について、悩んだことはありませんか?
実は、体力低下は、体力を落とさないことを意識することで簡単に解決出来ちゃうんです。
しかも、体力低下に関する知識はみんな大好きなので、知っていると効果が高いのです。
あなたも体力低下の知識を身につけてみませんか?
体力低下は今のような時期で外出ができないときに引き起こりがちです。
そう言えるのには下記のような理由があるからです。
・コロナで外に出れない
最近では、世界中にウイルスが蔓延した結果、生活習慣病などの発症や生活機能の低下など身体に対するリスクが高い時期に突入しました。
このようなときにどうすればよいのか、スポーツ庁の鈴木大地長官は記者会見で以下のようなことをいっていました。「感染のリスクがない環境での運動、ジョギングのような活動は行っても問題ない」
つまり、どれだけウイルスが蔓延していようと、近くに人がいなくて、感染リスクが低いなら運動をしてもいいのです。
しかし、そうは言ってもリスクの少ない環境って何よ?と思われるかもしれません。
感染のリスクがない環境とは、つまり、今流行りの三密(密閉、密集、密接)を可能な限り避けることを意味しています。
政府が打ち出している「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を読んでみると
「屋外での運動や散歩など」については、生活の維持に必要なものとして外出自粛の対象にはなっていません。
とはいえ、まずは自宅でできる運動を考えることが大切です。
どうしても屋外で運動する場合は、三密を避ける、マスクをしながら運動したり、一人で運動したりするなど、他者と接触しないように注意していくことがとても大切です。
まとめ
体力低下を避けたいなら意地でも運動したいすべき
いかがでしたか?
体力低下にについてわかってもらえれば、あなたの健康づくりの効率は一気に高まるはずです。
まずは焦らず体力低下に関する取り組みをやってみるとあなたのためになるはずです。
また、スポケンというサイトはスポーツにおいて素晴らしい知識をくれます。
是非一度体力低下に関する取り組みを試してみて下さいね!

ドカ食い!早食い!食後の血糖値急上昇を防げ

ダイエットでよくあるのが炭水化物を食べない「炭水化物抜きダイエット」をみなさんよくします。
でも、その前に気を付けて欲しいことがあります。

炭水化物を食べない?という糖質ダイエット
このダイエット法は最近の研究で疑問視する声が大きくなってきているのです。
炭水化物を極端に減らすことで
・元気がなくなる
・低血糖から異常な食欲が出る
という弊害です。
日本糖尿病学会では逆に炭水化物を150g以下にしないように警鐘を鳴らしています。

■ 箸を持つ前に深呼吸がドカ食い、早食いを防ぐ
炭水化物を食べても血糖値を上げないようにすることです。
血糖値がグ~ンと上がるのはもちろん食後直後なんです。
この上昇カーブをいかに緩やかにするか?
それには
・ドカ食い
・早食い
をしないように心がけることなんです。
ゆっくり食べれば血糖値の上昇カーブも緩やかになるのです。
お腹がぺっこぺこの状態で食堂に飛び込み
「おばちゃ~ん!日替わり定食 ごはん大盛りでぇ!」
といきなり注文
さらに味噌汁をひと口してから一気にご飯をかき込んでいくいく
これが最悪の食べ方です。
こんな食べ方では血糖値がグングン一気に急激なカーブを描いてしまいます。

そこでおすすめの食べ方は、不空数の中の良い友人たちと一緒にランチに行くことです。
一人で食べるとどうしても会話もなく無言で食べることが早食い・ドカ食いの一因です。
できれば、少しお行儀が悪いかもしれませんが会話をしながら食べれば、織女ペースは落ちるものです。
それが無理ならせめてスポーツ新聞を読みながら?でもいいです。
運ばれてきた食事にいきなりがっつくのではなく
箸を持つ前に一度深呼吸をされるのはいかがでしょうか。
こんな小さな心がけでも長年続けていけば、その積み重ねがあなたの血管をいたわることになります。
チャットレディ 稼ぐ コツ
とにかく歳を取ってからの食事はゆっくり食べることが重要です。
このクソ忙しい現代社会
ゆっくり食事をとつ時間もなかなかとれないのも現実ですが、あえて食事時間はたっぷりととることをおすすめします。
そのためにはあえて混雑するランチ時間を避けて、昼食時間をずらすことも有効です。
たった1時間前後にずらすだけで食堂はまるで混雑具合が違うものですからゆっくりと時間をとって食べることができます。
それが、早食いドカ食いを防ぐコツです。