キャベツ1/4個ですべてなかったことにできる

食べ過ぎたことをキャベツ1/4個を食べればすべてなかったことにできる?
そう聞いたらとても嬉しく
いくら健康意識が高く、日頃から食事の量や栄養のバランスに気を使っている方でも、ついつい好きな料理が目の前に現れたら食べ過ぎてしまうのは仕方ありません。
そんな方にしておいて欲しいのがキャベツの効能です。

■食事の量やバランスは週単位で考える
週の前半に食べ過ぎてしまっても、週の後半で食べすぎを差し引きゼロにすれば全く問題はありません。
もっと気楽に考えて、ご自身の食事の量や栄養バランスを考えないと長続きはできません。
週の前半に食べ過ぎたのなら、週の後半にはカロリー摂取を控えめにして調整すればいいのです。
そこで注目して欲しいのが「キャベツ」なのです。

■ キャベツの効能やメリット
キャベツの効能でまずは「食物繊維の豊富さ」が注目されています。
このキャベツなどにたくさん含まれている食物繊維には「食後の満腹感が長続きする」ことが知られています。
食後の腹持ちが良くなると次の食事まで余計なお菓子なんかを食べてしまうことも無くなりmす。

キャベツには整腸作用の高いキャベジン(ビタミンU)が豊富に含まれています
なんといっても「キャベジン」という名前は誰でも知っています。
食べ物を消化するには遺産が必要なのですが、つい食べすぎや飲みすぎで遺産が多く出すぎて胃を傷めてしまうのです。
キャベジンは
・胃酸も分泌を抑える
効果があり、食べ過ぎや飲みすぎで荒れてしまった胃の粘膜を丈夫に修復を助けます。
同時にビタミンCも豊富でキャベジンとともに肝臓にも良いのです。
補聴器 みみ太郎 口コミ

■ 食事の中身を一部キャベツに置き換える

食べ過ぎた
飲みすぎた
そんな方は食事の中身を一部キャベツに置き換えてみることをおすすめします。
外食でのとんかつに添えてあるキャベツの千切りの量(約30g)の2倍の量を目安に食べましょう。
食べ過ぎた?飲みすぎた?そんな日の翌日から3日以内に4回くらい食べるのが目安です。
4回以上食べればそのキャベツの量は1/4個になります。
ただしドレッシングやまよねーすにはたくさんの脂肪が含まれているのでノンオイルなものにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です