手っ取り早い減塩法「天然塩」「減塩しょうゆ」

「塩分は控えなさい」
きっと健康診断を受けたらこんなコメントが健康診断書にのっているおではありませんか?
塩分を控えるおはそう簡単なことではありません。
ましてあなたは大のお酒好き
おつまみはどれも塩辛いのが当たり前です。

塩分を控えるには毎日の小さな積み重ねでしか実現できません。
味噌汁と薄味にして1グラム
ドレッシングは塩分の少ないものに変えて0.5グラム
お昼のラーメンを牛丼にして2グラム
そんな負にしてなんとか1日の塩分を6グラム程度に減らしていかなければいけません。

そんな塩分を控えなければいけない方におすすめなのが天然塩です。
一般的に使用されている赤いキャップの卓上塩の裏面を確認してください。
すると
「塩化ナトリウム99%」といなっていると思います。
そもそも食卓塩は生成して純度をあげているのですから当然です。
食卓塩はまさに塩そのものなのです。

一方、今回おすすめする天然塩は
ナトリウム
マグネシウム
カリウム
カルシウム
などのミネラル成分が含まれています。
たとえば沖縄産の天然塩「ぬちまーす」の成分表示は100グラム当たり
ナトリウム29.1グラム
ということは残りの73グラムが円環トリウムなのです。
食卓塩を天然塩「ぬちまーす」に変えるだけで3割御減塩になります。

さらに減塩しょうゆもお勧めです。・
減塩しょうゆ、減塩みそなども天然塩をと同じく減塩効果があります。
どの減塩商品も通常の物よりも20%~30%の減塩です。
健康はお金には変えれません。
ですから少々コスパが悪くても奮発してこんじょ減塩しょうゆや減塩みそは良いものを購入して下さい。
なぜならただの減塩しょうゆや減塩みそはやはり風味や味が通常のしょうゆやみそに比べて見劣りがするンドエス。
ですので、どうせ減塩しょうゆや減塩みそを買うのならワンらkンく上げたもの購入して欲しいのです。
値段が高い物はそれなりの味や風味を兼ね備えています。
美味しくない物で減塩をつづけるのはできないですからね。
布団 クリーニング 宅配

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です