水分補給は適量が大事、飲みすぎは腎臓に悪影響

今は誰もがマイペットボトルを持ち歩いて、』一でも水銀補給するようにしている方が本当のおおいです。
たしかに水分は一度に摂るよりもk細かに分けて摂るほうが子押下的です。
しかし、飲みすぐにも注意してください。

■毎日2.5りっとつの水を失い人体の身体
人体は多くが水で作られています。
人間の身体は約70%が水だといわれているくらいです。
ですから充分な水分補給がkでいないと健康は維持できません。
健康な人なら1日に約1.5リットルもの水分を尿として排出しています。
さらに約1リットルの汗もかくといわれています。
ですから合計で約2.5リットルもの水を失っているのです。
「だから水はたくさん飲まなくては」
と考える方も多いのですが、飲みすぎる方も少なくないのです。

■水の飲みすぎが腎臓に大きな負担をかけている

夏の暑い日にはテレビでも盛んに水分補給を心がけるようにアドバイスがよく放送されています。
あらには「水飲み健康法」なる物も紹介されて「1日に2リットル以上の水を飲みましょう」というものでした。
たくさんの水を飲むことで身体の中の老廃物を体外に排出することで健康になるという理論でした。
たしかに、100%否定するものではありません。
ただし、血圧の高い人は水の飲みすぎに注意しなければなりません。
血液中の水分が増えてかえって血圧が高くなってしまうからです。
これは俗に「パンパン型高血圧」とも呼ばれています。
この「パンパン型高血圧」は日本人にとても多いのです。
高血圧で病院に通っている方ならその処方箋をチェックしてみてください。
高血圧の治療にはよく利尿剤が使われていることに気づくでしょう。
高血圧の治療では身体の中の余分な水分を排泄するという考え方です。
損なkぉう血圧の方に水分補給でどんどん水を飲みましょうというのは逆の効果になるのです。
そして水分の摂りすぎが腎臓に大きな負担を強いることになります。
年齢と共に衰えてくる腎臓のキャパシティを越えた水分補給はいつかその腎臓が悲鳴を上げるのです。
腎臓が伽オーバーになるとむくみを起こします。
手足や瞼などがはれぼったくなってくるのです。
そして腎臓はなかなか治癒できない病気が少なくありあm線。
一度なにか腎臓に障害を抱えるとずっと食事療法や水分量のコントロールなどを続けていかなければいけないのです。
血糖値が高い人は腎臓の働きが落ちている可能性もあります。
むくみが出てきた?と感じたらすぐに検査してもらうことをおすすめします。
ロレックス つけてないと止まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です